残業代請求を大阪で司法書士に相談!大阪 京都 神戸 関西対応

''残業代の証拠''

残業代の証拠

タイムカード至上主義!?

裁判例は、タイムカードの記載を非常に重要視しています。
タイムカードがあれば、その時間帯仕事をしてないとの会社の主張はなかなか通りません。

タイムカードの確保は非常に大事です。

タイムカードのコピーは取ってもよい!?

これについては、非常にグレーな問題があります。
会社のコピーを使ってコピーする場合、会社の紙を使うと、とっても微罪ですが、「紙」の窃盗になります。
ですので、コピーを取るなら自分の紙でするか、写真で撮るのがよいです。

メモ書きの有効性

メモ書きの有効性は五分五分というところです。裁判例では、メモ書きは客観的でなく、主観で記載が可能である為、直ちにその時刻を信用できないとされています。
ただこの裁判例では、どう考えても残業が発生しているのに、時刻がはっきりとは認定できないとしても、全く残業代なしとするのは、タイムカードなどをきちんと整備しなかった会社のせいもあるのに、不公平だということで、2分の1を認定しています。(但し、他の資料も補強しての結果ですので、メモ書き+αが必要です)

パソコンのログデータ

自分専用のパソコンが割り当てられている場合、そのパソコンの記録からパソコン作業をしていた時間を割り出すことができます。
パソコンのログはウインドウズの場合、コントロールパネル→管理ツール→イベントビューアーで見ることができます。

警備記録

警備システムの時刻で出退社時間を割り出します。出退社を常に特定の労働者が管理している場合ですので、使用できる場面は限られます。

タコグラフ

自動車に取り付けられている機器であり、運行記録計ともいいます。
これによると、いつ自動車を運転していたかがわかり、労働時間算定の資料になります。

予定表・業務日報

証拠力としては、それなりにあると言えます。予定表や日報というのは上司に提出するものであることが多いので、その内容についてはそれなりに信頼性があります。詳しくは、営業職は残業代なし?をご覧になってみて下さい。

証拠保全

裁判所に対して求めるもので、会社が証拠隠滅を図りそうなときに使えます。証拠物件をデジカメで写真にするなどします。
但し、これを利用するには裁判所に対しては、会社が証拠隠滅を図りかねないことを立証する必要があり、例えば、実際に隠滅したことがあるというような事情や、証拠の提出を求めたのに、ウソの話をして、全く取り合わないなどがあったことの証拠を裁判所に提出します。
こういう対応をする会社は、いざ訴えてからでは、その間で証拠を隠滅されるかもしれません。そういったことを裁判所に認めてもらうことで、証拠の保全を裁判所に採用してもらうのです。

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional