残業代請求を大阪で司法書士に相談!大阪 京都 神戸 関西対応

''名ばかり管理職って?''

名ばかり管理職って?

管理者・監督者はいわゆる管理職として残業代が発生しません。
しかし、管理者・監督者ってなんでしょうか?

管理者

  • 使用者の為に、労働者の採用、解雇、昇給、転勤等の人事管理を行う地位にある者
  • 本社の企画、調査等といった企業全体の事業経営に関する重要事項に直接関与するものをいいます。

人事権のある人間であるか、
企業全体に関する重要事項への直接関与しているか
いずれかの場合に管理者となります。
「企業全体に」という点については、裁判例では企業レベルとしているもの(有名な日本マクドナルド事件など)も多いですが、事業所単位で判断しているものも少なくありません。

監督者

  • 会社の為に、労働者の労働状況を観察し、指揮監督により労働者の労働提供を確保する地位にあるものをいいます。

人事権まではなくとも、日常の労働について、部下に労働内容・順序・時間などを指示する権限があるものです。

それでも管理監督者ではない!?

「人事権まではないけれど、部下も使うし、やっぱりムリか。」
そう思った方も多いかと思います。

実は、管理者・監督者となる為には、他にも要件があります。人事権や部下を使うだけでは残業代免除にはならないのです。

この点で、かなりの方が、「名ばかり管理職」であることが判明すると思います。

要件1

  • 出退勤について厳格な規制を受けずに自由裁量がある
    これは実質上、何時に出ないといけないというものではなく、何時に出社しないからといって、または何時に退社するからといって、ペナルティにならない場合を指します。
    一般の従業員の場合は、何時に出ないと遅刻だとか評価されて制裁を受けたり、ボーナスや昇給、昇格などの査定対象となったりします。
    出社・退社の時間がそういった評価の対象になっていないことが、厳格な規制なく自由にできているという意味になります。

要件2

  • 賃金体系が一般職員と違って、その職責にふさわしいか

以上からすると、そうそう管理監督者には当たらず、いわゆる名ばかり管理職であることが多いはずです。

管理職で残業代は出ないといわれている人も決して諦める必要はありません!

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional